昔は代価ポイントで代価を払っていた

お家に帰省する時や遠くへ出かける時、ハイウェイをよく使います。

 

昔は代価ポイントで代価を払っていたけれど、ETCを取り付けてから便利になりました。
逐一お金入れを出して支払う繁雑が省けていいのですが、一度カードをセットし忘れたケースがありました。
ピッタリカードの入れ替えの時で外していたのを忘れていました。

 

アッという間に担当のパーソンが来てくれたのですが、さんざっぱら焦りました。
それからはハイウェイに乗る時はとにかくセットしているか確認します。

 

お盆やゴールデンフィークなどで混んでいる時はETCのレーンは渋滞になってしまい、かえって代価ポイントで払って通ったほうが速いかもという時があります。

 

渋滞している時は、ETCのレーンに入るのにも一苦労します。とりわけわたしは運転が下手なので混んでいてかなり入れない時は諦めて代価ポイントの方に行ったりします。

 

ETCのレーンが右手車線における場合は、追い越し車線に入らないといけないので車線移行が苦手なわたしはちょっと緊張します。

 

ETCを通り過ぎる時はゆっくりと流れ代価を確認しますが、時々後ろの愛車が早くて車間開きを詰めて急かして現れる場合があって怖いだ。
ETCのおかげで便利になりましたが、安全には気をつけたいだ。