ここ数年で遂にハイウェイに乗れるようになりました

わたしは、ここ数年でとうとうハイウェイに乗れるようになりました。
それまでは、速い、怖いのイメージで絶対に無理だとしていたからだ。
ただし、ハイウェイにのらないとキッズの意向に遅れてしまう。
ドキドキしながら初ハイウェイへ。

 

両手でハンドルを握り締め、仕方には汗が。
ETCもスムーズに通れて、どうにか到着しました。
1回乗れた事で、自信が着き、今ではのりこなせるようになりました。
ETCでは、どこに並べば手早くすすむかなとか考えて、横に並んだ愛車より先に進めたら嬉しかったり。
そういう空席も出てきました。

 

ただし朝晩、ウィークデイのハイウェイは混んでいるケースがあり、表面路上で行ったほうが速いんじゃないかと想う事もあります。
近道がないので、そのままはたらくのを待つのみ。
辛抱が必要ですね。

 

途中で便所にも行けないので、うちはタブレット用の便所を愛車に置いてあります。
ハイウェイに慣れたからと言っても、まったくおそろしいのが猛スピードで走って来る愛車。
隣席をビックリするぐらいのスピードで走られるって、恐怖でハンドルを握る仕方が強くなります。
いくらハイウェイだからと言っても、思いっ切りテンポを出さなくてもいいのにと絶えず思います。
値段も、惜しくも安くなるといった使いやすいなと思います。

 

幾らか遠いけど、お金が悔しいから下の路上で行こうとのぼる事も多いです