ETC料金は深夜割引どのくらいお得?割引対象と割引条件とは?

高速道路はETC料金において深夜割引が適用されます。

 

毎日0時から4時までが対象で、

 

全ての車種が対象です。
ETC料金は深夜割引どのくらいお得?割引対象と割引条件とは?
対象の高速道路はNEXCO東日本・中日本・西日本が管理する

 

全国の高速道路と宮城県道路公社の松島道路です。

 

 

京葉・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀の各道路は対象外ですので注意が必要となります。

 

 

割引率は30%で、

 

適用条件はETCが整備されている入口インターチェンジを無線通信により走行していることが条件です。

 

0時から4時の間に対象道路を走行すれば割引され、

 

走行距離や回数の制限はありません。

 

 

いくつか注意点があり、

 

東北道や関越道などの高速国道を利用するときは、

 

入口と出口の通過時刻で適否を判断します。これは0時を回っている時刻に入口を入っていれば、

 

(4時を過ぎていても)何時に出口を出ても適用になります。

 

 

また利用距離に関係なく一律の料金を徴収する高速道路の区間と、

 

それ以外の区間を連続利用する場合は、

 

それぞれの区間ごとの割引の可否が判断されます。

 

例えば東京外環道は、

 

例えば東京外環道は、

 

草加と出口の川口ジャンクションにあるETCアンテナの通過時刻によって割引適用かの判断がされ、

 

連続して通過する道路は、浦和本線・仙台宮城料金所の通過時刻によって割引が適用されるかを判断します。

 

 

首都高速道路と高速国道を連続利用する場合は、

 

高速国道の区間内にあるところの経過時刻に基づいて割引の適用が判断されます。

 

例えば首都高道路の新宿インターチェンジを0〜4時の間に通過しても、

 

高速道路の料金所通過時刻では深夜割引の適用判断をしませんので注意が必要となります。

 

 

その他この制度の利用上の注意点がありますので、

 

利用するときはしっかり理解しておくと、

 

よりお得に利用することができます。まず深夜割引は、

 

ETCマイレージサービス・大口多頻度割引・ハイカ・前払い残高管理サービスとの併用がかのですので、

 

システム利用者は忘れずに使用し、

 

よりお得に利用しましょう。
ETC料金は深夜割引どのくらいお得?割引対象と割引条件とは?
割引は休日・障害者など種類がありますが、

 

複数の適用条件を満たす走行に対しては、

 

最も割引率が高くなるものが適用されます。

 

(重複適用はないということです)

 

 

深夜割引と平日早朝夕方割引は共に条件を満たすものは深夜割引のほうが適用です。

 

10円単位の端数処理がなされます。

 

それから万が一ETCレーンの閉鎖やETCシステムのトラブルなどで利用できなかった場合は、

 

出口にいる係員へ割引の適用について申し出ることで対応されます。

 

面倒ですがこの手続きは確実に行なっておきましょう。

 

 

高速国道出入り口の通過が、

 

支払い所1回となる区間は、

 

その通過時刻で割引率の判断がされます。

 

加えて神戸淡路鳴門自動車道路または瀬戸中央自動車道の入口として利用し、

 

高速国道へ連続利用して走行するときは、

 

神戸西・鳴門・早島・坂出の角本線料金所の通過時刻で入口時刻の確認を行います。

 

 

また一部のスマートICでは、

 

通行可能な車種や時間が限定されますのでこれも注意が必要です。

 

 

トップページに戻る