ETCの割引は他のものと併用できるのか?東名高速で比較!

ETC割引は、

 

時間帯によって様々です。
ETCの割引は他のものと併用できるのか?東名高速で比較!
平日と休日でも、

 

料金が異なります。

 

平日朝夕割引は、全ての車種が対象となっていて、

 

朝6時から9時までと夕方17時から20時との2つの時間帯で適用されます。

 

対象となっている道路が決まっており東京や大阪近郊の区間は対象外です。

 

東京近郊の高速道路に東名高速が含まれています。

 

月初の1日から末日までに利用した回数に応じた還元率が異なります。

 

5回から9回までだと、

 

通行料金のうち最大100km相当分を約30%還元します。

 

10回以上だと通行料金のうち最大100km相当分を約50%分が還元されます。

 

それぞれ回数に応じた分が対象となります。

 

このサービスは、

 

このサービスは、

 

朝と夕方でそれぞれ最初の一回のみ適用となりますので注意が必要です。

 

そのほかにも土曜や日曜、

 

祝日、

 

深夜に対象となるサービスもあります。

 

いずれも東京近郊では、

 

利用できませんので東名高速では適用となりません。

 

 

東名高速では、

 

ETCの割引は他のものと併用することができないので、

 

地方の高速道路と比べても割高になってしまします。

 

東名高速にしかないETCのサービスが用意されています。

 

 

NEXCO深夜割引が適用されます。

 

深夜とは0時から4時までの時間を言い利用距離の制限はありません。

 

東名高速で安くETCを利用したいならこの方法が1番です。

 

時間帯が0時から4時となっていますが、

 

日時の判定は入口または出口料金所の通過時刻で判定をします。

 

約30%が適用されます。

 

例えば、

 

前日の23時に料金所の入口を通過したとしても次の日の2時に出た場合は適用となります。

 

また、前日の23時に料金所の入口を通過して、次の日の5時に出た場合でも適用となります。

 

 

たくさん使うことができるサービスでも使用する事ができるものには限りがあります。

 

地方ではないので深夜帯でしかサービスを受ける事ができません。
ETCの割引は他のものと併用できるのか?東名高速で比較!
その他、

 

サービスの適用があるのは健常者でなくて身体障害者に対して設けられたサービスの利用です。

 

これは、

 

健常者が運転をする場合、

 

重度の知的障害者や重度の身体障害者が同乗しているという状況で適用されます。

 

 

事前に登録をしている自動車に対して、

 

50%以下からの障害者割引が適用されます。

 

自立と社会経済活動への参加を支援するためにあります。

 

障害者割引には有効期限があります。有効期限は、

 

手続きが終了した日から、

 

その後の2回目の誕生日までとなっています。

 

更新の申請については、例外があり有効期限の2ヶ月前から有効期限の前日までに申請をした場合には、

 

3回目の誕生日まで有効となります。

 

また、

 

有効期限が切れると基本的に通知がくるようになっています。

 

住所宛に郵送で通知するようになっています。

 

住所が変わっていた場合には変更申請の通知を届ける事ができないので注意が必要です。

 

変更申請についてはインターネットでも、

 

掲載されていますので不明だという人は確認してみると良いかもしれません。

 

 

トップページに戻る