ETC2.0は料金変わる!?今までのETCとの違いと料金の差は?

ETCは、

 

高速道路を利用するうえで非常に便利なツールとなっており、

 

クレジットカードや銀行登録などを行うことによって速やかに高速道路へのゲートをくぐることができるシステムです。
ETC2.0は料金変わる!?今までのETCとの違いと料金の差は?

 

そのETCが新しく変わるということになり、

 

名称も正規名称の後に2,0が付与されることになりました。

 

 

今までの通常のものとの代表的な違いとして、

 

2,0はより高速道路を賢く使うためのツールとして進化しています。

 

 

今まで基本的に高速道路利用料金の収受だけだったものが、

 

高速道路とオーナーが運転している自動車がリアルタイムに情報連携して、

 

渋滞回避のための迂回ルートを表示したり安全運転のサポート、

 

そして災害時における必要な情報と対処方法などといったさまざまな情報をドライバーに伝えるツールとなります。

 

 

ITSと呼ばれている全国高速道路の1700箇所に設けられた通信スポットと、

 

2,0搭載車およびその新ツールに対応しているナビゲーションシステムが、

 

高速大容量の通信方式で従来よりも正確かつスピーディに情報が提供される点が最もな特徴と言えるでしょう。

 

このように、

 

このように、

 

従来のETCとの主な違いは、

 

単なる料金の支払いのためのツールからより便利で高速通信に向いているドライバーサポートシステムとなった点にあります。

 

 

昨今の自動車はその個々の性能向上により衝突防止システムなどの搭載が目立ちますが、

 

高速道路における総合的な通信ネットワークについての情報共有は途上段階にありました。

 

それが2,0によって統合されることにより、

 

自動車個々への対応から高速道路の幅広くかつ詳細な情報を

 

ドライバーに提供することができるようになった点が従来型との違いのひとつとも言えるでしょう。

 

 

ETC2,0と従来タイプの他の違いとしては、

 

前者では高速道路の利用料金の割引が適用される点が挙げられます。

 

たとえば圏央道を利用するために必要な料金が2割引になる点が代表的な例となります。

 

 

この特典によって首都圏の高速道路を多く利用するドライバーは特に恩恵を受けることとなり、

 

一般ドライバーだけでなく貨物運送会社などの負担も軽減されました。
ETC2.0は料金変わる!?今までのETCとの違いと料金の差は?

 

さらに受け取った情報通りに従うことによって渋滞回避に貢献した場合料金所で

 

割引が適用される新システムの搭載によって、

 

全国的に渋滞回避のための運動が自然に行われている点が最大の特徴でしょう。

 

 

大変便利なツールとなったETC2,0を利用するためには、

 

機器の再セットアップあるいは対応した機器を購入する必要があります。

 

セットアップの主な方法はディーラーに依頼をすることで、

 

セットアップにあたって助成金が支給されるケースもあるため多くの人が再セットアップを行っています。

 

 

対応した機器と車の連携およびセットアップも必要で、

 

主な機器は車に搭載されているカーナビ、対応車機器です。

 

現在販売されている車はほとんどが対応車であるため、

 

再セットアップする必要は基本的にはありません。

 

 

そして普段利用しているスマートフォンとの連携も可能となっています。

 

 

トップページに戻る