高速道路の平日はどんな割引?

高速道路の平日割引には「平日朝夕割引」があり、

 

利用回数に応じて30%または50%が還元されるほか無料通行分も付いてくるお得なサービスです。

 

高速道路の平日はどんな割引?
利用には事前にETCマイレージサービスへの登録が必要で既に登録済みの方はそのまま利用できるほか、

 

登録前の支払いは対象にならないため注意が必要です。

 

 

割引の対象車種はすべての車種で、

 

対象日時は平日の朝6時から9時と夕方17時から20時で祝日は除きます。

 

 

対象道路はNEXCO東日本、

 

中日本、

 

西日本が管理する地方部の高速道路、

 

および宮城県道路公社の仙台松島道路です。

 

 

また、

 

東京近郊と大阪近郊の区間は対象外となりますが、

 

茅ヶ崎海岸ICから茅ヶ崎JCT間と圏央道を連続走行する場合は「平日朝夕割引」の対象となります。

 

 

大阪近郊は全域で対象外となるのに加えて、

 

第二神明道路、

 

関門トンネルも対象外となります。

 

 

ETCカードごとの毎月1日から末日までの1ヶ月の割引対象となる利用回数に応じた還元率を、

 

対象区間の通行料金のうち最大で100km相当分に適用され、

 

還元分は利用月の翌月20日にETCマイレージサービスの還元額を無料通行分として付与されます。

 

 

1ヶ月の対象となる利用回数と還元率は、

 

5回から9回までが通行料金のうち最大100km相当分を約30%還元し、

 

10回以上の場合は約50%還元され、

 

この還元額を利用して料金を支払っても「平日朝夕割引」の対象となります。

 

 

なお、

 

1ヶ月の利用回数が5回に達しなかった場合は還元率が適用されないほか、

 

1ヶ月の利用回数が10回の場合は1回から10回まで、

 

5回の場合は1回から5回までの走行が対象となります。
高速道路の平日はどんな割引?

 

本サービスの適用を受けるためには、

 

本サービスの適用を受けるためには、

 

ETCマイレージサービスに登録したETCカードを使用して、

 

ETCが整備されたインターチェンジをETC無線通信により走行し、

 

入口料金所または出口料金所を朝6時から9時、

 

夕方17時から20時の間に通過する必要があります。

 

 

これらのサービスには1日につき最初の1回が適用されるという回数制限がありますが、

 

特例として札樽道、

 

道央道、

 

東京外環道、

 

アクアラインを含む走行の場合、

 

福島JCTと米沢北IC、

 

山形山上ICと南陽高畠IC、

 

月山ICと湯殿山ICの間で一般道に乗り継ぐ場合は同一時間帯の複数の走行を1回とみなし、

 

すべて対象走行となります。

 

 

利用するまでの流れはETCマイレージサービスに登録し、

 

そのETCカードをETC車載器に挿入し平日の朝6時から9時または

 

夕方17時から20時の時間帯に入口または出口料金所をETC無線通信により通過し対象区間を走行します。

 

 

毎月1日から末日までの対象走行が集計され、

 

回数に応じた還元率が対象走行の通行料金に適用され、

 

翌月の20日にETCマイレージサービスの還元額、

 

無料通分として付与されます。

 

 

還元額は無料通行分として利用した通行料金に自動的に充当され、

 

 

その分の通行料金が無料になるという仕組みです。

 

 

トップページに戻る